座敷机・固定脚座卓

座卓 バチ脚無地50黒檀/紫檀 【唐木家具】

440,000(税込)

通常価格:¥880,000

4,400ポイント獲得できます

数量

この商品について問い合わせる

アイテム説明

幕板はスッキリとした無地。
内側に入った曲線美のバチ脚はモダン住宅でも人気です。


■サイズ:幅150×奥行90×高さ36cm
■主材:黒檀・紫檀
■脚:固定式
■輸入品
※希少材のため欠品の場合がございますので事前にお問合せください。
※写真は花梨材です。

無垢座卓の溝

唐木座卓などの無垢座卓には天板に深い溝があります。
無垢の座卓は框と鏡板が独立して組んでおり、接着していません。
これは無垢材特有の収縮を調節する役目があるためです。

「溝にゴミが溜まって・・」と思われる方もいらっしゃると思いますが、そのような時はOA機器用のエアダスターでシュシュっと一吹きできれいになります。

また、無垢材特有の動きと、輸送などによって溝の開きが片側に偏ってしまい、開いた側の隙間がから下が見えてしまうようなことがあります。
この場合は、開いている側の角をゴムハンマーなどでキズがつかないように軽く叩いて修正できます。ゴムハンマーが無い場合は、布団などを敷いて、開いている側を下にして座卓を立てて軽く落すようにして頂くと戻ります。
この場合あまり強くしますと、逆に反対側が開いてしまいますので、軽く行ってください。









 

漆机のお手入れ

・日々のお手入れはなるべくウエスや綿の肌着のような柔らかい布で木目に沿ってホウキで掃うように軽く拭いてください。汚れが強い場合はぬるま湯で薄めた中性洗剤を含ませて拭いてください。
※毛羽立った手拭のような布や円を描くようにこするとスリキズになる場合があります。
・漆は年数が経って硬化すると強いですが、塗りたてはデリケートですのでご注意ください。
・化学薬品や汚れ落とし剤、艶出し剤などは塗装を痛める恐れがありますのでご注意ください。


唐木材で作った家具を唐木家具といい、唐木材は非常に硬い木材で釘を使用する事ができず、木材だけの組構造と接着剤によって木地加工され、高質の漆で丹念に塗り磨き上げ杢目の美しさを出した伝統工芸家具です。

唐木の由来~奈良町時代唐の国へ使節の派遣が行われ、あらゆる文化を取り入れて参りました。
勿論家具類に於きましても非常に優れた材質で高度の技術を施したものが入り、これらの製品を唐木細工と呼ぶようになりました。
この唐木という名称は昔、唐の国から渡来された木材という意味で実際その時分我が国に入荷した物は中国からに限られていましたのでその産地も中国であると考えられて居ましたが、後になってそれらはタイ国産であることが判りタイ国より直輸入するようになりました。

唐木という言葉も広義に解釈するようになり、我が国で産しない貴重な木を意味するようになりました。
言い換えると唐木とは熱帯及び亜熱帯の一部に産する世界的に最も優秀なる木材の中で家具及び装飾用に適する木材と言うことになります。
唐木には紫檀黒檀鉄刀木(タガヤサン)花梨などの種類があります。
 

修理も承ります。
無垢材のテーブルの良いところはキズがついて古くなった家具でも磨き、塗装を塗りなおしをすれば新品同様に生まれ変わるところです。唐木の修理は熟練した職人の手作業により丹念に漆を塗り重ね仕上げていきます。「古いから捨てようか?」と思う前に一度ご相談ください。



 
  • 商品コード
    :056SLV-110BM-50-1

最近チェックしたアイテム