和家具について サイトマップ
店長
和の家具、インテリアなら何でもご相談ください。

アイエフ家具
厚木家具情報館
 

和家具とは

昭和の初期に洋家具と区別するため、和菓子や和服と同様に日本風の家具をそう呼ぶようになりました。狭義には和室で使われる伝統的な日本様式の家具の総称ですが、広義には和風の家具全般、和洋折衷的な和を感じさせる和モダン家具も含まれます。元来、近代以前の日本には家具と呼べるようなものは少なく、その代表は箪笥や棚類で、明治から昭和を経ての近代化に伴い少しずつ変わり、付け加えられて行った経緯があります。


和家具の種類


下記の和家具は古より伝わる伝統的、古典的な和家具です。現代ではそのデザイン、用途が大きく変わり、ライフスタイルの洋風化により使われなくなったものが多くあります。
 

座卓

座卓の起源は中国料理を真似た長崎の卓袱(しっぽく)料理に使う食卓である卓袱台(しっぽくだい)です。卓袱台は朱色の円形テーブルで椅子を用いますが、日本各地に伝わる際に座机となりました。座卓の代表である「ちゃぶ台」を卓袱台と書き、円卓が多いのはそのためです。また、固定脚座卓に代表される純和風の座卓が鏡板と框で構成される唐木机の手法で作られているのも卓袱台の名残です。
 

文机

元々机は主に食器をのせる台で、時代を経て様々なもの載せる台に変わっていく中で食器用は膳になり、書物をすることを主としたものを文机と呼よぶようになりました。現代では椅子で使うデスクが主流なので、座って使う座机としての文机は趣向性の高いものとなりました。
 

箪笥

引出を主体とした収納家具の代表の箪笥が生まれたのは、民衆文化が開花した江戸時代以降。多くの衣類を管理して出し入れできる便利な家具として作られました。箪笥には収納する用途に応じて生活用と商い用に大別され、生活用としては衣装箪笥、茶箪笥、水屋箱階段(階段箪笥)、蠅帳などがあり、商い用としては帳箪笥、船箪笥、車箪笥などがあります。このほか仕事用の小箱として銭箱や薬箪笥はインテリアとして現在でも人気です。
 

衣装箪笥 江戸時代に庶民が多くの衣類を持てるようになった事から始まったとされ、当初は素朴な造りでしたが、近代になって機能やデザインが大きく発展し、現在のようなものになりました。

・水屋 台所に置く食器棚で戸棚、膳棚とも呼ばれ、関西では豪華さを競い富の象徴とされました。食べ物の収納に特化した小ぶりで通気性の高い箪笥を鼠入らず蠅帳と呼びました。

・箱階段 階段を利用した収納庫で、急勾配な階段の側面に引出しや引戸を設けたもの。造り付けと家具のように後付したものがあります。現在では階段箪笥として小ぶりなインテリアにアレンジしたものが人気です。


・茶箪笥 湯呑みなどを収納する箪笥で居間に置かれ、現在のサイドボードのようなものです。元は茶道具を収めるための簡素な箱でしたが、台所用の鼠入らずと融合した箪笥風なデザインに変わりました。現在は和茶棚とも呼ばれ上段が四枚引戸、中段がガラスの引戸で内部に違い棚があり、下段は引出しになったインテリア性の高い趣味的な収納家具となりました。

・車箪笥 車輪の付いた箪笥。帳箪笥の一種として商売に使われたもの、衣類や日用品を入れる用途の長持ちに車輪を付けたものとがありましたが、現在はインテリアとして奥行が浅くて小ぶりな帳箪笥タイプが作られています。

・帳箪笥 帳場(現在のレジ)に置くものは帳場箪笥とも呼ばれ、商人の帳簿や金銭、商品などを収納し金庫代わりでもありました。現在でも民芸箪笥のひとつとして作られています。

・船箪笥 廻船問屋の千石船で日用品収納庫や金庫として作られました。

・薬箪笥 薬屋が漢方薬を収納するために用いたもので、細かな引出しが付いたかわいいデザインが面白く、現在でもインテリアとして人気です。

用箪笥、部屋箪笥 身の周りの小物や生活用具を収納する箪笥。小さめなものは手許箪笥とも呼び、大きいものは部屋箪笥と呼ばれた。衣装箪笥と異なり、開戸や引戸が付いたものもある。


棚物 

棚は物を載せる水平の板を意味し、その歴史は古く奈良時代に遡り、高貴な人たちの調度品として数多くのデザインが残されました。現代の和家具では飾棚和茶棚にその起源をみることができます。
 

衝立

平安時代の神殿造りでは間仕切りのため盛んに用いられましたが、近世以降は庶民の家具として様々なデザインが作られました。用途も玄関のほか、居間や台所でも使われました。部屋を壁で仕切る現代の住宅では、その使用は限定的ですが目隠しとして広く使わています。
 

火鉢

炭火をたいて暖をとる暖房具で火桶とも呼ばれました。古くは銅や真鍮の金属製など様々な素材でも作られましたが、木製や陶器製のものは現代でも作られています。木製は内側に銅板で加工した落としをいれます。また形状により分類され、お膳のように小ぶりで猫脚のついた大名火鉢、シンプルな箱型の角火鉢、天板と下台からなり引出の付いた机兼用の長火鉢、木製と陶器のある丸火鉢があります。
 

鏡台・姿見

鏡台は台となる櫛箱の上に鏡があるもので、鏡がガラスになる明治以前は金属製でした。現代ではスツールを付属した西洋風のドレッサーが主流なため、座机的な和の鏡台は座鏡と呼ばれています。また姿見は近代になって作られました。
 

手箪笥

手元に置いて手回り品を収納する小型の箪笥で現代でも小引出しとして多用されています。
 

現代では家具のイメージが無いも和家具の一種です。丸が一般的ですが、形状(丸盆・方盆・八角盆)、素材(木製・竹製・陶製等)、加工法(刳り物・指物等)、用途(給仕盆・菓子盆・供物盆等)により様々な盆があります。かつては「盤」と書き「さら」と読まれていましたが、現在の「盆」の文字が一般化したのは室町時代からと言われています。
 

重箱

数個重ねて使用する漆器。古くは室町時代から使われていましたが、庶民が使うようになったのは江戸時代からです。お正月や節句など特別な日に赤飯やおはぎを詰めて使用するのが一般的ですが、昔は普段使いの便利な器でした。
 

手箱・乱箱

手箱はその昔、身の周りの道具や書物、化粧品を収納するものでしたが、現在は手紙等を収納する用途に変わりました。乱箱は女性が髪を漉く時の受け皿として用いられていましたが、現在は脱衣を入れるトレーとして衣装盆(呉服盆)に変化しました。
 

屏風

屏風は中国から伝来し、玉座の背後に置く権威の象徴として用いられていましたが、中世以降絵画として発展し、用途も間仕切りから美術品として鑑賞用に変化し、現代では行事に合わせたインテリアになりました。
 

文台・見台

文台は高さが3寸程度の小さい文机で書見台の一種で、座って書見する時に用いました。見台の種類は文机タイプのものから、斜めに傾けた天板と高さのある脚を組み合わせて楽譜台として用いたものまであります。
 

煙草盆

煙管や火入れなど喫煙道具を入れる盆のことで、手提げ式のものが多い。現代ではライターと灰皿などの応接セットがおなじみですが、禁煙ブームでその姿もあまり見なくなりました。
 

茶箱

遊山用に茶器一式を組み入れた携帯用の箱のこと。
 

近代から昭和に生まれた和家具

 

座椅子

背の付いた座椅子は和服には合わないため、洋服が一般化し、椅子の生活が普及してから使われ始めました。長く床に近い生活に慣れ親しんできた日本人には椅子では落ち着かないという人が多く、椅子の対極として使われ始めました。現在では折たたみ式やリクライニング機能の付いた多種多様な座椅子がありますが、和のデザインでは旅館でよく使われている曲げ木や木製のタイプがその代表例です。


こたつ

古くは炭や練炭を使った櫓炬燵、掘り炬燵がはじまりですが、昭和になって電気こたつが開発され広く普及しました。現在は年中使える家具調こたつが主流です。デザインもモダンになり、和家具の範疇ではないものもたくさんあります。
 

和家具の様式


指物家具

指物とは板を組み上げて作る家具、またはその木工技術で和家具の様式のひとつとされ、その職人を指物師という。建築工法でもある組手(接ぎ手)と呼ばれる匠な接合技術と杢を活かした拭き漆で仕上げるのが特徴です。指物技術の起源は奈良時代に見ることができますが、江戸時代庶民の箪笥を作る技術として広く知られるようになり、机や火鉢など様々な和家具に応用されたほか、その技術は茶道具に用いられ洗練されました。
 

塗り物家具

不透明な色漆を塗り重ねて加飾した美術性の高い漆塗の家具。蝋色塗、朱塗等で仕上げ、蒔絵や螺鈿を施したものが代表的です。その起源は平安時代にまで遡り、奈良時代までは中国の模倣だったのが、この時代に日本独自のものへと発展しました。
 

唐木家具

唐物という中国渡来の美術工芸品のひとつで、曲線を使い、彫刻を施したデザインが特徴です。唐木と呼ばれる紫檀、黒檀、鉄刀木(タガヤサン)、花梨(花櫚)など非常に硬い木材を使用して拭き漆で仕上げます。座卓や飾棚のほか、花台などが多く作られています。
 

民芸家具

江戸時代後期から明治時代にかけて、民家で使う民衆のための実用家具として箪笥、水屋、船箪笥などが作られました。ケヤキ材を使い、鉄金具の付いた重厚感のあるデザインが代表的で、時代箪笥などとも呼ばれて現代でも人気です。庶民の家具のため、地方色が豊かで全国に産地があります。特に桐箪笥はそれぞれの家具店で作られ直販されてきました。昔からある家具店の屋号に「◯◯箪笥店」が多いのはその名残です。
 

和家具の職人


和家具や漆器は古よりそれぞれ分業で行われてきました。日本の木工所では、木地と塗装を両方行うところもありますが、多くはありません。ほとんどは塗師と木地師の協業でひとつの製品が出来上がります。ただ一方で塗装とは趣が異なりますが、オイル仕上げのような加工は、ウエスで拭き取るだけで塗師としての技術と設備が不要なため、木工所内で作業をする工房が増えています。
 

木地師(木地屋)

木地師とは木工職人のことで、木の素地である木地を製作することからそう呼ばれました。機能性を有する家具はもちろんですが、漆器においても木地の出来栄え次第で上塗りの状態も変わってきますし、木目を活かした拭漆や飛騨春慶などは木地師の丁寧な仕事が求められます。
 

塗師(塗師屋)

塗師は漆塗り職人のことですが、広義には塗装をする職人全般を指す場合もあります。漆塗りはその乾燥(正確には重合という化学反応による硬化)工程で室(ムロ)という高湿度を保った部屋で行います。塗師屋は化学塗装も含めて隔離した部屋で作業を行います。これは塗装中や乾燥中にホコリやゴミが付かないようにするためで、大変神経を使っています。特に木工所を併設している場合は特に気をつけています。

漆はその昔、接着剤としての役割もあり、古くは縄文時代から使われていたとされています。硬化した漆は防水性、防腐性に優れ、艷やかで言葉では表現し難い深い色合いがあります。英語で漆器のことを「JAPAN」と言い、高い技術によって生み出さた美しい漆器は日本を代表する伝統工芸といえます。




 家具の資料館

 和家具について

 塗装について

 家具の構造

 一枚板座卓の製造工程

 家具の工房

 杢と樹種

 寸法と間取り

 家具のお手入れ方法

 贈り物の手引き

 多様な建材
 ご案内

 お客様の声

 あれ何だっけ検索

 よくあるご質問

 家具インテリアQ&A

 家具の選び方のポイント
 家具のレイアウト

 和風スタイルブック

 メディア掲載情報
 SNS

facebooktwitteryoutubeinstagram

 ブログ

 厚木家具情報館

 Kagupedia
 実店舗のご案内
 実店舗
 和家具 匠の郷
 〒243-0015
 神奈川県厚木市南町27番9号
 (小田急本厚木駅徒歩15分)
 店舗案内​
 shop access

ページトップへ