家具のレイアウト サイトマップ

家具のレイアウト

 

使い勝手の良い動線を配慮して家具の大きさと配置を考える。

 
人が通るルートを動線といい、部屋の作りや家具の配置で決まります。この動線は人の肩幅60cm前後を基準とし、二名がすれ違う通路ならば120cmほどの幅が必要となります。使い勝手の良い快適な動線にするためには、行き止まりを作らずにスムーズに通り抜けられるようにすることが重要です。
 
どんなに良い家具も動線が適切でないと使いにくく、お部屋も狭く感じられます。人の通行を妨げない、これはレイアウトでもっとも大事なポイントです。 新居や引っ越しの際は見取り図を活用して、お部屋をどう使い、どこを移動するかを書き込んでみましょう。


悪い例 行き止まりの多いストレスがかかるレイアウト。
行き止まりの多いストレスのかかるレイアウト


食事やお洗濯の際にキッチンやベランダなどへ頻繁に動き回るリビングやダイニングでは、お部屋を広く取ろうとして、壁面に押し込んでしまうと回り込む必要があるなどかえって使いづらく、落ち着かないお部屋になってしまいます。また動線を考えずにバラバラに置くと使えない空間(デッドスペース)ができて空間を狭めてしまいます。家具を選ぶ上でサイズは最も重要で悩むところですが、動線を考えて慎重に選んでください。その大きさ次第で使い心地が大きく左右されます。家具店は広くて天井も高いため、つい大きめを購入しがち。お部屋に置いたらこんなに大きかったっけ?というご経験の方も多いと思います。また家具本体のサイズのほか、椅子や引出などの可動範囲を考慮する必要があります。

良い例 スムーズに動ける動線を意識したレイアウト。
動線を考慮したレイアウト

 


出入り口付近に背の高い大きい家具を置くと圧迫感があるので、お部屋が見渡せるオープンな空間があったほうがよいでしょう。置く必要がある場合は、なるべく低い家具から順に並べ凸凹しないようにします。できたら隣合う家具は高さを揃えると一体感が出てすっきりします。その場合、高さの低いものは下台をプラスするとよいでしょう。
家具のレイアウト



 また、動線への考慮も必要ですが、なるべく分散させずに一箇所に集めて出入り口付近のスペースを確保した方が広く見えます。

 


家具のレイアウト



 家具の資料館

 和家具について

 塗装について

 家具の構造

 一枚板座卓の製造工程

 家具の工房

 杢と樹種

 寸法と間取り

 家具のお手入れ方法

 贈り物の手引き

 多様な建材
 ご案内

 お客様の声

 あれ何だっけ検索

 よくあるご質問

 家具インテリアQ&A

家具の選び方のポイント
家具のレイアウト

和風スタイルブック

メディア掲載情報
 SNS

facebooktwitteryoutubeinstagram

 ブログ

 厚木家具情報館

 Kagupedia
 実店舗のご案内
 実店舗
 和家具 匠の郷
 〒243-0015
 神奈川県厚木市南町27番9号
 (小田急本厚木駅徒歩15分)
店舗案内​
shop access

ページトップへ